埼玉で防水工事を依頼するならローコストの当センターへ

株式会社尊氏技工

048-227-3133

〒332-0014 埼玉県川口市金山町12-1サウスゲートタワー川口2階 Mio川口219号室

受付時間 9:00~19:00 定休日 日曜/祝日

CONCEPT

ロープアクセス工法で安価な防水工事を実現

施工の様子

「東京・埼玉 ビル雨漏りセンター」は、防水工事、シーリング工事、タイル工事、躯体補修工事、洗浄工事、塗装工事などの施工を承っている業者です。
経年劣化によるビルやマンションのひび割れ、漏水、錆、腐食、汚れなどでお悩みでしたら、是非お声掛けください。
当センターではビルやマンションのような高所作業において、ロープアクセス工法を用いておりますので、基本的に足場や仮設の設置の必要なく作業を行うことができます。
そのため足場や仮設工事費を70~95%以上、高所作業車が必要な場所の費用も30~50%カットでき、ローコストで施工することが可能です。
狭くて足場が組めない場所の工事もロープアクセスなら容易です。
ゴンドラを使わないロープアクセスに不安を覚える方もいらっしゃいますが、しっかりとした資格制度があり、この工法が主流である欧米の一流メーカーの安全性の高い器具を使って作業を行っています。
当センターはロープアクセスのプロとして、10年間以上無事故です。
もちろん、迅速で高品質な施工もお約束いたします。

「東京・埼玉 ビル雨漏りセンター」の防水工事施工の流れをご紹介します。

「東京・埼玉 ビル雨漏りセンター」に寄せられる防水工事関連のよくあるご質問を掲載しています。

QUICK RESPONSE

雨漏り・漏水の原因をスピーティーに解決!

ビル街とビルの外壁

ビルやマンションの防水工事、シーリング工事、タイル工事、躯体補修工事、洗浄工事、塗装工事なら「東京・埼玉 ビル雨漏りセンター」にお任せください。
築10年以上経つビルやマンションは、そろそろ改修工事が必要な時期です。
普段から雨風、紫外線などにさらされている建物は、劣化が進み、ひび割れやぐシーリング材の機能低下、塗装の剥がれが目立つようにもなってきます。
特にひび割れが起きている場合、雨漏りや漏水の危険があります。
雨水の怖いところは、建物内部の鉄骨や梁を腐食させ、さらに劣化を進行させてしまうところです。
建物内部には電気の配線が巡らされていることを考えると、停電はおろか、感電の可能性も否定できないため早めの防水工事が必要です。
また、最近では看板やアンテナの落下などによる被害も増えています。
災害による落下のケースもありますが、看板を支える金具の腐食の影響も考えられます。
そうしたことが起きる前に早めの工事が必要です。
当センターのロープアクセス工法ならば、足場・仮設の設置を必要とせず、道路使用許可も不要で、ローコスト、スピーディーに防水工事施工が可能です。

STAFF BLOG

スタッフブログ

COMPANY

運営会社

東京・埼玉 ビル雨漏りセンター

代表者名
山本 尊政
住所
埼玉県川口市金山町12-1 サウスゲートタワー川口2階 Mio川口219号室
電話番号
048-227-3133
FAX番号
048-227-3863
営業時間
9:00~19:00
定休日
日曜/祝日

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒332-0014 埼玉県川口市金山町12-1サウスゲートタワー川口2階 Mio川口219号室
営業時間:9:00~19:00 定休日:日曜/祝日

「東京・埼玉 ビル雨漏りセンター」は、高所作業のプロフェッショナルとして、ロープアクセス工法による各種工事を行っています。
具体的には、防水工事、シーリング工事、タイル工事、躯体補修工事、洗浄工事、塗装工事を提供しており、
ビルやマンションのひび割れ、漏水、錆、腐食、汚れの解消に努めています。
ロープアクセス工法は、日本よりもビルが多い欧米では主流で、足場・仮設の設置の必要がなく、
狭くて足場が組めない場所であっても容易に工事ができます。
足場・仮設設置にかかるコストや時間、騒音がカットでき、全体の工期を短縮できるメリットもあります。
足場からの不審者の侵入の心配もありません。
近年は地震や台風による大きな被害により、建物の耐震性や耐水性が見直されています。
築10年以上経つビルやマンションは劣化が目立ちはじめており、特にその必要性に迫られています。
ひび割れ一つでも、内部に雨水が侵入するような事態を招けば、建物内部の鉄骨や梁を腐食させ、
電気の配線にも影響を受け、停電・感電の危険性すらあるため早めの防水工事がおすすめです。
建物の看板やアンテナも同様に、金属によって支えられているため、こちらも劣化が進行しています。
看板やアンテナが落下する事故のニュースが多い原因は、しっかりとしたメンテナンスが行われていないだけでなく、
なかなか劣化に気づきにくいことも挙げられます。
しかし、通行人の方が被害を受ければ、修理費以上の損害を強いられてしまいます。
周囲の方の安全はもちろん、事故を未然に防ぐためにも早めの工事を行うことがビルやマンションのオーナー様にはおすすめします。
「東京・埼玉 ビル雨漏りセンター」であれば、すべての工事においてローコスト・スピーティー・高品質な防水工事施工が可能です。
皆様からのご依頼お待ちしております。

TOP