雨漏り・漏水の原因

株式会社尊氏技工

048-227-3133

〒332-0014 埼玉県川口市金山町12-1サウスゲートタワー川口2階 Mio川口219号室

受付時間 9:00~19:00 定休日 日曜/祝日

lv

雨漏り・漏水の原因

埼玉の防水工事といえばビル雨漏りセンター
雨漏り・漏水の原因

サーモグラフィーやファイバースコープで雨漏り・漏水箇所を特定

水面に雫がしたたる様子

原因のわからない雨漏りや漏水にお悩み、お困りの方はいらっしゃいませんか。
特に雨が多い時期ともなれば、室内に甚大な被害をもたらすだけでなく、鉄筋や鉄骨などを腐食させ、建物の劣化スピードを速めてしまいます。
雨漏りや漏水の原因は、主に屋根や外壁のひび割れ、シーリング材の機能低下によるものと考えられていますが、それ以外にも給排水管の劣化など内部に原因があるケースも多く報告されています。
視認による調査が難しい場所においても、サーモグラフィーカメラやファイバースコープを使用し、水の侵入経路をしっかりと調査し、根本から原因究明が可能です。
原因の箇所に的確な施工を行い、雨漏りや漏水の問題を解消いたします。

屋根・屋上/天井からの雨漏り

ビルやマンション、戸建ての屋根・屋上、天井からの雨漏り・漏水は、「防水塗膜の劣化」「屋根材の剥がれ、ひび割れ、穴あき」「上階の床面のひび割れ」などが原因とされます。
屋根や屋上は特に雨風や紫外線にさらされているため、劣化の進行が早いです。
屋上はひび割れに気づくケースはあるものの、屋根は普段からあまり目が行き届かない場所なため、いつの間にか防水性能が低下していたというケースは多々あります。
屋根や屋上のひび割れや穴、防水機能が低下した状態を放置すれば、そこから雨漏り、漏水に繋がってしまいます。
また人の出入りが多いベランダやバルコニーは、特に塗膜のすり減りが早いため、ここから水が内部に侵入する場合もあります。
防水・シーリング工事などで対策を行うことで、雨漏りや漏水を防ぐことが可能です。
当センターでは根本原因をしっかりと究明し、的確な施工をお届けします。

青空と住宅

外壁からの雨漏り

beforeafter

ビルやマンション、戸建ての外壁もまた屋上や屋根同様に、常に雨風や紫外線にさらされている箇所で、築年数が進めば、ひび割れやシーリング、塗膜、タイル目地の劣化を引き起こします。
戸建てであれば容易には気づく箇所ですが、ビルやマンションはしかるべき業者による定期的なメンテナンスをお願いしていなければ、なかなか気づかないというケースも多いようです。
雨漏りや漏水が起きて、初めてその事実を知るお客様もいらっしゃいます。
ひび割れやシーリング、塗膜、タイル目地の劣化を放置すると、建物内部に水が浸入し、鉄筋や鉄骨の腐食を引き起こし、耐震強度を弱めることにも繋がります。
特にALC板やアスロック板、PC(プレキャストコンクリート)造が使用されている建物はシーリング材で隙間を埋めているため、シーリング材の劣化が直接雨漏りに繋がるので、特に注意が必要です。

窓・建具からの雨漏り

窓や建具(出入口、通風孔など)からも雨漏りは起こります。
天窓のような場所から雨漏りがあるケースはありますが、通常の窓からも雨漏りは発生します。
その原因は窓の周りのシーリングです。
しかし、防水加工に使用されるシーリング材は、年数を追うごとに劣化し、剥離などを起こしたり、徐々に機能が低下します。
窓からの雨漏りがひどくなっているようでしたら、防水機能低下のサインです。
それ以外にも窓や建具の周囲にシミやカビが見られたら注意が必要です。

img_2688

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

〒332-0014 埼玉県川口市金山町12-1サウスゲートタワー川口2階 Mio川口219号室
営業時間:9:00~19:00 定休日:日曜/祝日

TOP